三崎

「元ヤンJKサキ」〜親友の父親はエンコー時代の太客だった〜 無料試し読みあり・あらすじ

昔は、悪だった。

元ヤン。表現は、数あれど

そう言う、昔の自分のツケを

払うのは結局自分なのかなぁ。



「ごめんなっ カナエ…。

 お前の親父のチ○ポ…

     マジでいい♪」

――両親に相手にされず

育ってきたサヤカは

遊ぶ金のため、寂しさを

埋めるために『サキ』という

偽名を使いオヤジ相手に

エンコーを繰り返していた。

だが、カナエという親友に

出会いエンコーをやめることに。

そんなある日、カナエに誘われて

彼女の家に遊びに行くと

そこにいたのはカナエの父親で…

エンコー時代の太客だった。

「久しぶりじゃないか サキぃ」

寝込みを襲ってきた親父は自分の

チ○ポをしごかせるとスキを見て

サヤカに無理やり挿入する。

久しぶりのチ○ポに反応し、

吸い付いてカリが逃げないよう

咥えこむサヤカのマ○コ。

隣で寝ているカナエに

聞かれないよう必死で口を

ふさぐサヤカだが、親父は

サヤカの弱いところを

責めてきて…。

「引きずり戻される…

  あの頃のアタシに…!」

BookLiveコミックより

まずは、無料試し読み!

↓無料試し読みはコチラから↓


「元ヤンJKサキ」第1話〜親友の父親はエンコー時代の太客だった〜あらすじ

両親の愛のたりない家庭環境。

高校に入ってから、悪い友達が

できてから、ウリを始めるまでに

時間はかからなかった・・・

2年になり、唯一心を許せる

親友ができ、だんだんと

心から笑える日が増えていく。

親友にウリのことを告白すると

もう友達の私がいるのだから

寂しくないでしょと優しく

ウリを辞めるように促される。

彼女は、ウリをやめると親友に

誓う。

ある日、親友の家に遊びに行くと

お父さんを紹介され・・・

なんと親友の父親が、ウリ

していた時の太客だったのだ。

まさか、娘がいるときに変なこと

してこないよなぁ・・・と、

思っていたが甘かった!

お風呂にまで入ってきて

身体を弄られ・・・

なんとか、その場は

乗り越えたものの、今度は

夜中に娘と二人で寝ている

部屋に忍び込んできて・・・

まずは、無料試し読み!

↓無料試し読みはコチラから↓


「元ヤンJKサキ」第1話〜親友の父親はエンコー時代の太客だった〜感想

いやぁ、冒頭でも書きましたが

自分のケツは自分で・・・

因果応報というべきか・・・

でも、自分の娘と同い歳の

子とセックスできるとか

最高すぎだな(*´Д`*)

羨ましすぎる(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

しかも、元ヤンとか

気が強そうで、それを

やりたい放題できるとか

イイね!男の制服

征服欲を刺激するね(`ω´ )

気の強い女を組み伏せて、

後ろから無理やり・・・

想像しただけで、ボッキが

我慢汁が、ドーパミンが、

止まりませぬ(`・∀・´)ドヤァ

なんで、ドヤ顔やねん!お前が

描いたんかい!www

とりあえず、読まなきゃ

分からないから・・・

まずは、無料試し読み!

↓無料試し読みはコチラから↓